2014/03/13 【dbookPRO 手取り足取り】 第19回 dbookPRO小ネタ集

今回のコラムは、dbookPROの小ネタを紹介します。


提示用に使う分には困らないけど、ちょっと気になっていたな、というご意見にお答えします。


まずは、早速弊社にお問い合わせをいただいた事例をご紹介します。

今回ご紹介するのは、ページめくりについてです。



事例1 めくりボタンと付箋がかぶってしまう
事例1 めくりボタンと付箋がかぶってしまう

まずは、事例1から見ていきましょう。

dbookPROには、(ページ)めくりボタンという機能があります。

ページの角にカーソルを当てると、折り目がつくようなアニメーションになります。

そのままクリックすると、ページがめくれます。


そんなめくりボタンなんですが、ページ上に配置した付箋等とかぶってしまい、付箋をめくるつもりがページをめくってしまう。

お問い合わせでそのようなご意見をいただきました。

この問題を解決するには…



ユーザ毎設定をクリック
ユーザ毎設定をクリック

「編集モード」に移ってみましょう。

「設定」というアイコンがあります。

「設定」では、dbookPROに関する環境設定や、アプリのアップデート等を行うことができます。

早速クリックすると、メニューバーがスライドで表示されるので、一番上の「ユーザ毎設定」をクリックしてください。



めくり機能の解除1
めくり機能の解除1

ユーザーの設定を行うパネルが表示されます。

デフォルトでは「授業モードでページの角のページめくりボタンを使う」にチェックが入っています。

操作は、ここのチェックを外して「OK」をクリックするだけです。


早速「授業モード」に移って確かめてみましょう。



めくり機能の解除2
めくり機能の解除2

このように、カーソルを当ててもページめくりボタンが利きません。

これで、誤操作を起こすことなく付箋をめくることができます。


但し、「ユーザー設定」での変更は、ユーザーであるあなたが編集している全ての編集ファイルに適応されます。

設定はいつでも変更できますので、使いやすいようにカスタマイズしてください。



事例2 横スライドのようなめくりになってしまう
事例2 横スライドのようなめくりになってしまう

続いて別の事例に移りましょう。

通常、dbookPROは、ページをめくると本のめくりのようなアニメーションで動きます。

でも、ごくまれに横にスライドしてページがめくれるようなときがあります。

次のページに移動する分には困りませんが、なぜこのような違いが生じるのでしょうか?



設定で変更
設定で変更

dbookPROのめくり機能は、読み込んだ背景画像が同じ縦横比の場合は、本のようなめくりのアニメーションで薦めます。

但し、縦横の比率が違う画像を読み込んでいる場合は、上記のような横スライドのアニメーションになります。

この横スライドがどうしても気になる場合は、設定で変更することが可能です。


「設定」の「現在ブック設定」を選択してください。


「現在ブック設定」で、縦横比の違う背景画像の「ページサイズ」を変更しましょう。

デフォルトが「1024×768」になっているので、「前ページをこのサイズに変更」にチェックを入れて「OK」を選択します。



本のようなページめくりに
本のようなページめくりに

これで、本のようなページめくりになりました。



(GI web)

コラム一覧にもどる